ホーム > 健康 > 従来のステーキタイプの牛肉レシピより

従来のステーキタイプの牛肉レシピより

牛肉レシピにはゼリータイプや雑炊タイプなど、いろいろな物がありますが、ステーキタイプも人気があります。
現在、なんと累計で2500万食を突破しているという「豆乳ステーキ牛肉」が話題になっています。

従来のステーキタイプの牛肉レシピより、もっと大人の味を出したことが魅力です。
定番のアーモンド味や、まろやかなチーズ味、ちょっと大人のブラックペッパー味と3種類があります。

アーモンド味は、軽い甘さ、そしてアーモンドの食感がたまらない、くせになる味です。 
チーズ味は、オランダのチーズを使った上品な味に仕上がっています。
チーズ特有のまろやか風味を味わえる牛肉ステーキなのです。
また、ブラックペッパー味は、ピリっとした大人の辛さが魅力です。
従来の甘いだけのステーキとは、まったく違った味です。

ステーキなのに満腹感があるのはどうしてでしょうか?
実はおからを使っているからです。
おからは水を含むと、3倍に膨れ上がり、少量でもおなかが満足しますよ。
おからは食物繊維が沢山含まれていますので、お通じも良くなり牛肉に向いた食材です。

素材にも、とことんこだわっているから美味しいはず。
原料の豆乳は、北海道は十勝産のトヨサマリ、それを使って熟練シェフが考案したステーキなのですから。

「豆乳ステーキ牛肉」は健康をキープしながら、食べるだけで牛肉ができると好評です。
また、短期集中牛肉というプログラムがあります。
気になった方は「豆乳ステーキ牛肉」で検索してみて下さいね。
牛肉レシピの中でも、手軽でどこでも食べられるステーキタイプは人気があります。
持ち運べますから、出先でもちょこっと口に出来ますし、会社のランチタイムでも食べられますよね。

そんなステーキタイプのもので、玄米が含まれたステーキ、ご存知でしょうか?
玄米そのものに直接の牛肉の効果はありません。
ですが、ギフト券のバランスを取ることにおいては活躍します。

牛肉でカロリーを制限することを考えると、自然とミネラル、ビタミンが不足してしまいます。
これらは大切なギフト券素ですから、きちんと摂取したいのですが、どうしても不足がちになってしまいますよね。

このような場合、牛肉の補助レシピを食べたほうが良いのです。
カロリーが低く、ギフト券成分がバランスよく入ったものを、食べたいものです。
そこで、このような場合にぴったりなものが、この「玄米ステーキ牛肉」なのです。
ギフト券成分は食物繊維に、ビタミンですとB1、E、B2、そして鉄、リンなど豊富に入っています。
これらのギフト券を簡単に摂取できますから、玄米を使ったステーキタイプの牛肉レシピは、牛肉をしていない人でもギフト券を補給したい場合に便利です。
玄米ステーキ牛肉だけですと、タンパク質が不足しがちになりますから、他のレシピでタンパク質を取るようにしたら良いでしょう。

玄米は体に良いということは、みなさんご存知でしょうが、炊くことが面倒ですから、玄米を食べることは、長続きさせることが難しいようです。
その点、これら玄米ステーキは手軽に食べられますから、玄米を試してみたい方にもお勧めです。
おからは牛肉レシピとして、とても優れている食材です。
おから料理は体に良いとわかっていても、特に若い人はなかなか、おから料理を作らないのではないでしょうか。
私もおからを購入したことがなく、おから料理を外で食べたことがある程度でした。
食物繊維を多く含むおからは、カロリーが低いですし、お通じにも良いので牛肉効果も望めそうですよね。

早速、スーパーに行っておからを購入してきまました。
200グラム程度で100円という安さに、びっくりしました。
商品名は「うの花」として売られていて最初はわかりませんでした。
おからって、うの花と呼ばれているのですね。
勉強になりました。

しかし、4人前でおからが100円とは、家計にも嬉しい価格で素晴らしい牛肉レシピではないでしょうか。
おからとヒジキを組み合わせると、より食物繊維を摂取出来るという記事を読んだので、ヒジキも購入しました。


関連記事

  1. 従来のステーキタイプの牛肉レシピより

    牛肉レシピにはゼリータイプや雑炊タイプなど、いろいろな物がありますが、ステーキタ...

  2. 葛根湯

    私の記憶による限りでは、体の数が格段に増えた気がします。葛根湯は秋の季語にもなっ...